株式会社 オリジナルソフト

業務内容Business

システムの受託開発

主業務はシステムの受託開発で、一次請けで設計から現地導入まで幅広い工程を 請負っています。取引先は物流・金融が多いです。

パッケージソフトの開発・販売

金融機関向けソフトウェア開発を通じて蓄積されたノウハウを基にパッケージ商品の企画・開発・販売を行っています。現在は以下の商品を取り扱っています。
◎公社債管理システム
◎シンジケートローン管理システム
◎貸倒引当金算定支援システム

当社の特色

最新のコンピュータ技術と業務ノウハウの両方に強い

世の中のユーザがこの業界に求めているものは、高い技術と業務のノウハウで、そのバランスの良さが要求されています。弊社は、そのテーマに対して、着実に実績を上げて、多くのお客様の信頼を得ています。
これは、全社員がプロフェッショナルとしての自覚を持って仕事をしているからです。
現地導入することで、自分の開発したシステムがどのように利用されているのを確認することができ、その経験を重ねることで業務ノウハウを習得してきました。

上海の子会社でプログラムを製造

上海未来軟件有限公司の設立以来、中国・上海で日本語の話せる技術者を育成してきましたので、仕事は全て日本語で行っています。
日本で設計を行い中国でプログラムを製造することで、利益率を高めることができました。
この業界の人材不足に対しても子会社が重要な役割を担っており、繰り返し作業を依頼することで、子会社も日本の商習慣・業務ノウハウを習得しています。
弊社の一部として、人員管理も行いながら、協力体制を強化しています。

主な開発実績

物流系システム

倉庫管理システム

倉庫業に必要な機能を取り揃えたシステム。
入出荷管理、在庫管理、配車管理、倉庫料金計算、各種バーコードに対応したハンディターミナルによる処理、商品のABC分析による棚付ロケーション誘導機能等を行う。
アパレル通販や修理部品、食品等の業種・業態に合わせることが可能。

物流センターシステム

メディカル業界(医療機器・コンタクトレンズ等)の倉庫業に必要な機能を取り揃えたシステム。
入出荷管理、在庫管理、各種バーコードに対応したハンディターミナルによる処理、商品のABC分析による棚付ロケーション誘導機能等を行う。
医療物流に特化したロット・シリアル管理、有効期限管理、トレーサビリティも装備している。
医療機器製造業、医療機器販売業・貸与業等のニーズに合わせたサービスの提供も可能。

共同配送情報管理システム(特許)

複数荷主の商品を届先別に集約し配送の効率を高める。一日の配送情報がビジュアルに判断でき、その画面での修正も可能。配車表の作成も行う。
日本通運(株)・日本電気(株)との共有案件 特許第3875672号(出願2003年)

書庫センターシステム

保管が必要な書類をケース単位で管理するセンターのシステム。
入庫、出庫、閲覧、廃棄などを行う。個人情報などセキュリティーの確保が特徴。

海外・国内物流情報管理システム

海外生産拠点から国内の倉庫へ在庫移動情報をトレースする。船舶・航空の移動在庫も把握。生産拠点・保税倉庫・国内一次倉庫の管理を行う。

運行業務報告システム(特許)

トラック貨物輸送等の運送業務中に携帯電話を用いて電子メールにより業務連絡を行う。輸送の安全確保、出退勤、発着時刻、配送効率等の管理を行う。
日本郵便輸送(株)との共有案件 特許第5401717号(出願2012年)

金融系システム

公社債管理システム/発行・支払代理人システム(パッケージ)

公社債事務をサポートする「公社債管理システム」のメインシステム。
銘柄の発行事務からはじまり、発行銘柄の現在残高管理、償還・利払・各種手数料支払管理、支払報告に係る各種通知書の印刷など期中管理を行う。

公社債管理システム/口座管理機関システム(パッケージ)

公社債事務をサポートする「公社債管理システム」のサブシステム。
口座管理機関システム加入者別の口座簿管理、元利払による振替口座簿の減債、振替事務、買入消却・プットオプション等による抹消処理を行う。

シンジケートローン管理システム(パッケージ)

エージェントが行う事務内容のオープン化・期日管理等による事務リスク低減を図る。
支払事務とコベナンツ事務を一体化して期日管理を行う。各種通知書のFAX自動送信も可能。
ノートパソコン1台から、大規模案件まで柔軟に対応できる。

貸倒引当金算定支援システム(パッケージ)

勘定系・情報系システムよりデータを取得し貸倒引当金を算出する。
業務フローの標準化を図り、内部統制を行う。金融再生法開示債権及びリスク管理債権の集計可能。
複数のデータを集約することで、業務内容を相互に確認でき報告書の作成を簡素化する。

個人ローン集中審査システム

銀行の個人向け無担保ローンの審査を行う。
営業店殿~集中センター間のFAX連携機能、申込書のイメージ取込機能、外部個信センター自動照会機能、保証会社とのWAN連携機能等の活用により、事務効率化を支援する。

信用取引管理システム

有価証券取引の内、信用取引を対象とし、1.建玉管理、2.保証金管理、3.決済管理等の管理を行い、決済受渡計算書を作成する。

その他開発システム

自動走行システム

GPS(全地球無線測位システム)を利用した自動走行システム
記憶させた指定経路に基づいて、無人で自動走行し、無線で走行経路のズレを修正する。ゴルフ場などの芝刈り機の自動化が可能。
「自動芝刈り機」の記事が、日経産業新聞(2012年1月13日付)に掲載されました。 こちらでご覧ください

業務内容